高校受験に必要な英語の不規則動詞

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

オンライン家庭教師 英語 活用表

高校受験に必要な英語の不規則動詞

中学3年間で学習する英語の内容は様々なものがありますが、中でも必ず暗記をしなければならずとても面倒に感じるものが不規則動詞の活用です。これは現在形と過去形、過去分詞形の3種類が具体的にはあり、高校受験前に完璧に覚えておく必要のあるものです。

これらを覚えていないと受動態や現在完了形など様々な文法事項に対応できませんし、受験の際にも点数が取れないということにもなりかねません。ただ暗記するのは結構面倒なものですし、ただでさえ英語の勉強では単語や文法の勉強で大変なのに、それに加えて活用を覚えるのはハードなものではあります。

ただ工夫次第によっては若干楽に覚えていくこともできます。

そのための方法についてお伝えしたいと思います。これは多くのオンライン家庭教師でも取り入れられている方法です。

 

オンライン家庭教師 高校受験 英語 不規則動詞

活用表を読んで覚えていく

不規則動詞の活用は結構多いもので、全てを一気に暗記してしまうのは大変なものですが、短期間でやってしまえば案外スムーズに覚えられるものです。暗記をしていく際には書いて覚えるよりもまずは読んでみましょう。

それぞれの単語に対して過去形と過去分詞形も含めて読んでみてください。まとめて覚えるような読み方をしていくことで徐々に暗記ができていきます。単語を覚える際にその単語が発音できなければなかなか頭に入っていかないものです。

書くよりも発音をする方が面倒ではありませんからこの方法で記憶していってみてください。
実際にスペリングを含めて暗記するためには問題集を使用して覚えていくようにするのが最も自然なやり方です。

文法の問題集を用意して問題を解いていきながら単語を覚えていくことで確実に記憶が完了します。まずは文法の基礎的な問題集を用意してください。受験向けの簡単な文法の問題集は書店に行けば販売しています。

また近くに書店がなければネット上でも販売されているのでその中から自分の学力に合ったものを購入してください。

 

オンライン学習塾 英語 暗記 不規則動詞

夏休み前には暗記を終わらせておく

不規則動詞の活用は1学期が終わった段階で覚えてしまうのが最も理想的です。不規則動詞は受験の際にも当然使用しますが、受験勉強で問題集を解く際にも必要です。ですから早い段階で覚えていかなければなりません。

2学期になって暗記するのは遅いと言えるでしょう。夏休みが終わる時には最低でも暗記を覚えてしまわなければなりません。またその後も文法の問題集を取り組んでいって書けるかどうかを確認する作業も忘れずに行うようにしてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
muryou-banner