自分でできる中学生の学習方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

塾で勉強する女子中学生

自分でできる中学生の学習方法

中学に入っても自分でコツコツと勉強をする中学生の場合、高校受験に向けての勉強は自分でできますから特には問題はないものです。

自分で勉強をするのが苦手な中学生は強制的に学習塾やオンライン家庭教師に頼まなければなりませんが、自分で勉強ができる生徒は自宅での学習で十分です。

ただ効率的に勉強をすることが大切です。無駄な時間をなくして学力を伸ばしていくための方法についてお伝えします。

 

 

 

予習にできるだけ時間を費やす

1471_07800021774_628
高校受験のための準備として予習をしてどんどん先に進むことが必要です。

学校の授業と同じ進度で勉強をしていくと高校受験のための勉強時間が少なくなり、万全な体制で受験当日を迎えることができません。

そのため早めに先に進んでいくようにしなければなりません。

予習をしておくことで学校での授業は復習になり、その分理解が深まっていきます。

自分で勉強ができる中学生の場合予習を中心にしていくといいでしょう。

また中間テストや期末テストなどでも高得点を狙うことができますし、高得点を取りいい成績を取ることで今後に対する大きな自信につながります。

また予習をしながらどうしてもわからない部分が出てくることがあるかもしれません。

そういったときには学校の先生に聞いたりオンライン教師の先生に質問して問題解決を図っていくといいでしょう。

 

 

 

自宅学習のための問題集はまず学校の副教材から

自宅で学習をする際に問題集を使用しますが、書店で新たに問題集を購入するよりも学校の授業で使用しているワークなどの副教材を使用してまずは勉強をしていくといいでしょう。問題集は数多く使用する必要はなく、多くの問題集を使って勉強してもあまり効果は出てこないものです。

それよりも1冊の問題集を徹底的に何度も解いて理解していく方がはるかに意味があると言えます。

またワークなどの副教材は宿題として提出することがあるものですから、宿題のためにも予習をしながらどんどん解いていくといいでしょう。

副教材のワークなどをやってから新たに問題集を購入するようにしてください。

自宅で自分でできる中学生の場合、毎日のように勉強ができますから、以前やった内容を忘れるといったことはあまりないものです。

無駄のない学習が可能ですから、集中して学習に取り組むようにするといいでしょう。

また早めに先に進んでいき、受験勉強を始める時期を早めるようにするといいでしょう。早く受験勉強をすればその分学力を確実に向上させていくことができます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
muryou-banner