中1の1学期にする英語の自宅学習

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

5

中1の1学期にする英語の自宅学習

中学生になって様々な勉強をしていきますが、本格的に英語の学習を行っていくようになります。

英語は中には苦手にしている中学生の方もいると思いますが、それは学年が上がっていくにつれて徐々に難しくなってついていけなくなるからというのも理由として挙げられます。

オンライン家庭教師を利用するなど英語の学習は早めにやっておき、受験勉強をする時期には全ての学習内容を理解しておかなければなりません。

英語をスタートさせる中学1年生の1学期ではどういった学習を行っていったらいいのでしょうか。

 

 

 

英語の書くスピードを上げていく

中学1年生になると英語を本格的に学習をしていきます。

ただ1学期の段階のスタート時には文法などをする前にウォーミングアップ的な内容を行っていきます。

発音をしたりアルファベットを書いたりすることが中心になります。ただこの段階を過ぎると文法などを行っていき、徐々に学習内容が難しくなります。

人によっては2学期に入った段階で英語が苦手になっていくケースが見られます。

そのため1学期の時には先取りして学習をすることができるように、書く作業に関しては自信を持ってできるようにしていかなければなりません。

アルファベットを書いていく時にも早く正確に書けるようにストップウォッチや時計などで時間を測るなどしながらやるなどしていくことが大切です。

アルファベットが早くきちんと書けるようになったら次は単語を書く練習と発音を行っていきます。単語は正しく発音ができるようにしておきます。

また単語を書く際には早く書けるようにしておきます。これらの作業は1学期の始めの時にできておくようにしなければなりません。

 

 

 

徐々に自宅学習を本格化させる

自宅で勉強
いずれやってくる高校受験はほとんどの中学生が経験をするものです。

ただ多くの中学生が準備不足で受験当日を迎えるものです。

こういったことがないようにするためには中学1年の段階からきちんと自宅学習をしていく必要があります。

1年生だから受験を意識するのはまだ早いとは言えないのです。

自宅学習は突然習慣になるものではなく、コツコツとやっていく中で身についていくものです。

ですから中学1年の最初から少しずつ勉強に取り組んでいって自宅学習が自然とできるようにしていきたいものです。

英語学習でも同様に、早めに先取り学習をしていき、学校の授業が復習の時間になるようにするのが理想的です。

早めにやれば定期テストでも困ることがありません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
muryou-banner