中学英語は全てを繰り返し学習する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

オンライン家庭教師 学習 中学英語

中学英語は全てを繰り返し学習する

受験勉強をするときにはバランスのいい方法でやっていかなければなりません。特に英語は少しでも学習しない時間があると急に学力が下がっていく恐れがあります。今まで長く学習をして学力を伸ばしていったのに、少し英語の勉強をしていなかったら問題が解けなくなっていたということも実際にはあるものです。英語の能力を下げずに勉強に取り組んでいくにはどのようにしていけばよいのでしょうか?

今回は、オンライン家庭教師でもよく教えられている、他の教科の勉強を考慮しながら取り組む方法についてご紹介します。

 

 

オンライン家庭教師 中学英語 文法

文法は万遍なく各分野をやっていく

文法に関しては様々な分野があります。それぞれの問題についてしばらくやっていないと解けなくなってしまう恐れがあります。中学でやる英語に関してそれぞれの分野の問題に関してはローテーションなどで万遍なく取り組んでいくように意識してください。1年生の内容は簡単ですが時々は問題をやってみるようにしてください。3年生の問題の方が随分と難しいのでつい3年生の問題ばかりやってしまいがちですが、どの学年の文法問題もやるようにしてください。

英語が苦手なのでなかなか万遍なくやっていこうと思ってもできないという人がいると思います。そういった場合には基礎的で簡単な問題をやるようにしてください。簡単な問題では受験勉強の役に立たないと思うかもしれませんが、万遍なくやっていくためには簡単な問題からやっていくのが効率的です。簡単な基礎問題を繰り返しやっていくことによって総合的な文法の学力が身についていきます。オンライン家庭教師・塾などで包めていく上でも基礎的な問題ができれば徐々に難易度を上げていって学習をしていけばいいでしょう。

 

 

オンライン家庭教師 中学英語 単語 熟語

単語と熟語は時々見直して確認をしておく

英語の勉強で忘れがちなのが単語と熟語です。受験勉強をしているとこれらの勉強は後回しになったりしてしまいます。また長文問題などをやりながら単語や熟語は勉強をするという人もいますが、どの単語や熟語もきちんと意味を理解していくことは難しいものです。単語や熟語は机について勉強する必要はありません。ちょっとしたときに寝ながらでもできます。わずかな時間を使って定期的に単語や熟語の意味を確認するようにしてください。そうすれば受験勉強中でも意味を忘れたりすることはありません。せっかく覚えた英語も忘れてしまったら再度やり直さなければなりません。無駄な作業を繰り返すよりは面倒でも定期的にやった部分を再度確認していくことも必要です。

 

前回の記事はコチラ→【中学初期の段階でしておきたい英語の勉強

 

muryou-banner