オンライン家庭教師で行う「中学1年初期の英語学習」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

オンライン家庭教師 中学 英語学習

中学1年初期の英語学習

高校受験は多くの中学生が受けなければならないものですが、合格をしていくためには勉強をしていかなければなりません。中学生になった時点ではまだ受験勉強を意識する必要がないと思う人も多いと思います。ただ準備を徐々にしていくようにしないと受験シーズンになって急に勉強をしようと思ってもなかなか学力が伸びずに困ってしまうことにもなりかねません。こういった状況を避けるために中学生の初期段階から勉強をするようにしたいものです。この時期からオンライン家庭教師を利用するという中学生も少なくありません。中学生でも英語は苦手にしている人が多い科目なので早めにやっていくようにしたいものです。

 

オンライン家庭教師 中学 教科書 CD

教科書の付属CDを利用する

英語の基本は読むことです。問題集を解いていくことが英語の学力を伸ばすための方法だと思われがちですが、自然と英語の学力を上げていくためにまずは英語を読んでいく習慣を身に着けていくようにしたいものです。中学1年生になると初期段階ではアルファベットを書いたりしますが、その後に単語を発音するようになります。そして教科書の文章を読んでいくように流れていきます。この段階ではまず英単語の発音を何度もやってみます。繰り返し発音をしていき、徐々に単語だけ見てすぐに発音ができるように訓練をしていくといいでしょう。その次は英文を読んでいきます。ただ初期段階では教科書の進みも遅いので、まだ学習をしていない箇所は読めないものです。そんな時には教科書の付属CDが書店などで販売されています。このCDには教科書に載っている新出単語や英文の発音や読み方を知ることができるようになっているので、CDを聞きながら発音や読む練習をしていきます。そうすればまだ学習したことがない部分であっても独学で勉強することが可能です。また、わからないことなどはオンライン家庭教師の授業中にお答えしています。

 

オンライン家庭教師 英語 書く練習

書く練習は副教材を利用する

英語は読むだけではなく書くことも必要です。予習を少しずつやっておくと学校の授業が簡単に感じてくることでしょう。英語に対して自信を持つことができるようにもなるので、予習をお勧めしたいと思います。予習では問題集を使って勉強をします。そのために副教材のワークブックを利用します。これは教科書の内容に沿った問題集です。学校の授業でも使用しますし、また宿題としてやらなければなりません。そのため予習としてやっておけば宿題を確実に提出できます。ワークブックをやりながら英単語を覚えていく作業をしていくのが自然なやり方です。

 

前回の記事はコチラ→【中学受験対策:地理の学習方法のコツ

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
muryou-banner