オンライン家庭教師で学ぶ高校受験を意識した授業の受け方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

something24_2

オンライン家庭教師で学ぶ高校受験を意識した授業の受け方

学校の授業は基本部分の学習のためにしっかりと聞いて理解するようにしなければならないと言われますが、中には学習塾に行っているので特に学校の授業を聞く必要などないと思っている中学生もいます。

学校の授業は学習内容の基本ですから当然しっかりと聞かなければなりません。

ただ聞くだけではなく、高校受験を意識した学習をしていかなければなりません。

高校受験は中学生にとって大きなイベントですが、将来の進路に大きく影響を与えるものですから、自分の希望する学校に入れるように勉強をしていかなければなりません。

学校の授業と自宅や学習塾での勉強に関して、具体的にはどういったやり方をしていって自分の学力を伸ばしていったらいいのでしょうか。

今回はオンライン家庭教師でも教えられている効率的な授業の受け方についてご紹介します。

 

 

 

まずは予習をして授業より先に進む

img_main06
高校受験を意識して学習をしていくためには何よりも先に進んで学習を自分でするということが大切です。

高校受験のための勉強は3年になってから行いますが、過去問を解いていったりするために早い段階で3年間の学習内容を終了させておかなければなりません。

学習塾に行っている中学生の人は一般的に学校の授業よりも進んで先の内容をやっていますが、余裕があるなら学習塾よりもさらに先の学習をするといいでしょう。

自宅で学習をしている中学生の人はできる限り予習をして先を学習していくようにしてください。

こうすることで学校の授業を完璧に理解できる状態で受けることができます。

学校の授業がわからないとそのままになってしまうことが多くありますが、予習をしておくとそういった心配がありません。

 

 

 

学校の授業が復習の時間になるようにする

pixta_5295539_L
学校の授業を受ける段階ではすでに予習をしておくと理解できた状態ですから安心して授業を受けることができます。

また授業が復習になりますから、自分がきちんと理解できているかどうかを確認することができます。

このように理想的な学習ができますから、予習というものはとても重要なのです。

予習をしていきながら早めに3年間の学習内容を終了させるようにしてください。

そして受験勉強を行っていきます。

過去問を早めに解くようにして、自分にとってどの部分が苦手なのか、きちんと理解できていない部分なのかをきちんと把握できるようになります。

高校受験では今まで覚えていたことを忘れてしまったということも出てくるため、受験の直前までに完璧な状態にしておくことが重要です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
muryou-banner