オンライン家庭教師で学ぶ高校受験と内申点の関係

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

84488fae-ml

オンライン家庭教師で学ぶ高校受験と内申点の関係

高校入試を考えるときに忘れてはいけないものに内申点があります。これは成績のことで高校入試の点数だけ良ければ合格するのではなく、内申点も重要なものです。そのため受験をする前の段階で成績も上げていくようにしなければなりません。成績を上げていくためには中間テストや期末テストだけ良ければいいというものではありません。成績はそれ以外にも授業点や提出物も影響を与えるものなので、きちんと授業を受けて宿題などを提出する必要があります。受験時の点数以外の内申の面で向上させていくためにはどうすれば良いのか、オンライン家庭教師でも推奨されている方法を見ていきましょう。

 

 

 

苦手科目をなるべく作らないようにする

E58B89E5BCB7E3818CE58886E3818BE38289E381AAE38184E794B7E381AEE5AD90E382A4E383A9E382B9E38388-min
内申点は成績の良さによって変わりますから成績を良くしていくための努力をしていかなければなりません。まずは中間テストや期末テスト対策ですが、テストの点数を上げていくために予習をできるだけ行っていくようにしていかなければなりません。予習をしておくと落ち着いて授業を受けることができます。学校の授業が復習になるため、理解をさらに定着させていくことができます。また今まで学習した部分を確実に理解していくために復習もしていくことが大切です。予習をメインにして復習もすることによって学力は向上しますし、テストの内容も理解ができ、解答をしていくことができます。
中学生の人はそれぞれ自分にとって得意な科目と苦手な科目があるものです。得意な科目ではテストの点数を獲得することは容易ですが、苦手な科目に関してはテストでいい点を取るのは難しいと言えるでしょう。苦手なためにやる気も起きず、なかなかうまく学習ができないものです。ただ苦手な科目を作ってしまうと、苦手な科目の成績が悪くなってしまい、結果として内申点に大きな影響を与えてしまうようになります。ですから苦手な科目も予習と復習をなるべくするようにして成績を上げていくようにすることが必要です。

 

 

 

提出物や授業態度も重要

20170217164624
人によっては受験の時の点数さえよければ合格すると思っているものですが、内申点を考えると授業態度や提出物も大きな影響を与えてしまうので注意が必要です。学校の授業ではしっかりと受けるようにしていかなければなりません。またプリントや副教材の提出をしなければならない時がありますが、この時は全て提出するようにしましょう。提出物を忘れると今後も忘れる可能性があります。提出物は必ず提出していく習慣を身に着けることが大切です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
muryou-banner